食べ物で美味しく楽に口臭予防【Goodブレスライフ!】

笑顔

飲み物を選んで対策する

口臭は口から発する悪臭のことを指します。人と話している時に自身の口臭が気になった方は少なくありません。口臭は飲食物の影響によって強くなる場合があります。ニンニクやニラなどの臭いがキツイものを食べると口内ではなく腸内で臭いを発しているため、なかなか臭いを消すことができません。臭いを消すためにタブレットやガムを噛んでいる人はいますが、それだけでは原因をけすことはできません。腸内にある臭いの元を消す商品もあるので、試してみると良いでしょう。その場しのぎの口臭ではなく、臭いの元を断つことができます。ガムやタブレットなどのミントの味が苦手な人の場合は緑茶などを飲むと口臭を抑えることができます。

緑茶には消臭効果があるフラボノイドやカテキンがあるため、口臭予防になります。口臭が気になる方は、緑茶など消臭効果のある飲み物を積極的にとっていくと口臭の予防にもなります。しかし、緑茶にはカフェインなどの唾液の量を減らしてしまう成分が入っている場合もあります。唾液の量が減ってしまうと口の中で細菌が増加し口臭が強くなってしまうこともあります。また、むし歯や歯周病になる可能性もたかくなるため結果的に口臭が発生してしまうことになります。

口臭の原因の半分以上は口内が原因と言われています。口内は常に湿っていることから数多くの細菌が住処としています。これらの細菌がより増加することで臭気成分を発生させ口臭が強くなってしまいます。口内の細菌を増やさないためにも対策を行っていきましょう。口臭予防には多くの方法があり、日常生活を送っていく中で気軽に予防をすることができます。コップ1杯の水を飲むだけでも口臭予防に繋がります。体内の水分不足は口臭に繫がるため、常に体を潤していく必要があります。